PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

非アクティブのウインドウが予期せずスクロールされてしまうのを止める方法

更新日:

後ろに下がったウインドウがホイールで動く?

マウスホイールでウインドウやブラウザなどをスクロールさせようとする場合に、予期せず、後ろに回っている非アクティブウインドウがスクロールしてしまうことがあります。

普通に考えると、最前面に出てアクティブになっているウインドウがスクロールしそうなものですが、windows10の初期値では、マウスカーソルの位置によってスクロールするウインドウが決められるようになっています。

このため、アクティブになっているかいないかにかかわらず、マウスカーソルをスクロールしたいウインドウの上に移動させるだけで、背面に回った状態のままスクロールされます。


マウスカーソルがブラウザの位置にあると、テキストウインドウのほうがアクティブであっても、ホイールを回すとブラウザがスクロールする。もちろん、このままテキストウインドウにカーソルを持っていくと、テキストのほうがスクロールするようになる
 
これは、便利なようにも思えますが、「マウスカーソルがどこにあっても、アクティブなウインドウを動かしたい」人によっては、イライラの原因となるかもしれません。

この機能は、設定で解除が可能です。

今回は、その設定についてご紹介します。

設定方法


スタートボタンから「設定」を開きます。
 

その中にある「デバイス」を選択します。
 

左のツリーから「マウス」を選択し、その画面にある「ポイントしたときに非アクティブウインドウをスクロールする」をオフにすると、設定が解除され、マウスカーソルを持って行っても、非アクティブウインドウはスクロールしなくなります。




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2021 All Rights Reserved.