PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

「msvcr110.dllが見つかりません」というエラーでアプリが起動しない場合の対処法

更新日:

「Adobe Audition」が起動しない!

アプリケーションを立ち上げようとすると、「msvcr110.dllが見つかりません」というエラーでアプリが起動しないことがあります。


筆者の場合は、新しく「Adobe Audition」という、サウンドファイルを編集するアプリをインストールし、起動しようとしたところでこのエラーが現れました。

この問題に対応するには、Microsoftの公式ページでダウンロードできる、
「Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」
をインストールする必要があります。

今回は、その手順をご紹介します。

対応プログラムのダウンロードおよびインストール

「Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロードするには、まず、
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30679
にアクセスします。


当該ページの「ダウンロード」ボタンを押します。
 

ダウンロードするプログラムを選択して、「次へ」を押します。
 

画面が変わり、ファイルを保存するダイアログが出るので、「ファイルを保存」を押します。
 

ダウンロードが完了したら、右上のダウンロードアイコンから、「vcredist_x**.exe」を実行します。
 


ここで「閉じる」を押せば、インストールは完了です。
 

PCを再起動して、再度「Adobe Audition」を起動すると、今度はエラーも出ず起動できました。
 




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2022 All Rights Reserved.