PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

「ニュースと関心事項」が姿を変えて復活?Windows11のウイジェット機能

投稿日:

Windows11でウイジェット機能が復活?

windows11で新たに追加された機能のひとつに、ウイジェット機能があります。

呼び出しは「win」キー+「W」で行います。

このショートカットキーは、windows10では「Windows Ink ワークスペース」を表示するという、いまひとつ使いどころの分からない機能に割り当てられていましたが、windows11では、ウイジェットの呼び出しに変更されています。

呼び出してみると、なんだかどこかで見た覚えが・・・?

そうです、これは、windows10で突如現れた、「ニュースと関心事項」とそっくりです。

関連記事:windows10・タスクバーに突然天気予報が現れた!「ニュースと関心事項」


試しに、同じタイミングでwindows10の「ニュースと関心事項」を開いてみると、やはり、表示される内容がほぼ同じです。

これらは、Microsoftアカウントにログインした際に収集された履歴情報に基づいているので、同じアカウントにログインしているPC同士だと、表示内容が酷似するようです。

そういうのを気にする方は、アクティビティ履歴の消去を行うことも可能です。

関連記事:Windows10・タスクバーでの検索履歴やアクティビティ履歴を消したい!その方法

表示させたい項目の追加も可能

これも、windows10の「ニュースと関心事項」の時から可能でしたが、関心のある項目を表示内容に追加したり、逆に関心のない項目を除外できるようになっています。

操作はwindows10の時よりも簡単になっており、改良の跡が見られます(本質的には変わっていませんが)。

まとめ

windows11で新たなショートカットキーの割り当てを受けた「ウイジェット」機能は、実質的にはwindows10の「ニュースと関心事項」の改良版?でした。

タスクバーに常駐しないだけよくなったと思いますが、逆に、目につかないので、知らないとその存在に気づかない可能性もあります。

ちょっとした合間に、天気やニュースの見出しを確認できる、慣れると悪くない機能だと思いますので、時々「win」キー+「W」で呼び出してみてはいかがでしょうか。




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2021 All Rights Reserved.