PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

ついにリリース!windows11にアップデートする3つの方法

更新日:

2021/10/5、windows11がリリースされました。

出たばかりのOSには、まず間違いなく何らかの問題点があると思われるので、急いでアップデートする必要は全くありませんが、望めば、本日からwindows11へのアップデートが可能となっています。

ここでは、その3つの方法をご紹介します。

アップデートの前に、本体が対応しているかチェック

windows11にアップデートできるスペックは結構高めに設定されており、アップデートする前のチェックは欠かせません。

その内容については、以下の記事で紹介しています。
関連記事:チェックアプリでわかる、windows11に必要なスペック

次の項目で紹介している「インストールアシスタント」も、チェックアプリでの判定を行っていない場合はインストールは始まらず、チェックアプリのインストールに誘導されます。

チェックアプリで適合していると、その結果を読み込んで、windows11のインストールが始まるようになっています。

windows11へのアップデート方法3つ

windows11インストールアシスタントを使う

自分のタイミングでwindows11にアップデートしたい場合は、この方法となります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

にアクセスして、「windows11インストールアシスタント」をダウンロードし、実行することで、今すぐにアップデートできます。

 

 

ダウンロードした「インストールアシスタント」を実行すると、チェックアプリの判定が済んでいる場合は、すぐにwindows11へのアップデートが開始される




windows11インストールメディアでクリーンインストールする

windows10をアップデートするのではなく、windows11のみをクリーンインストールしたいという場合は、この方法となります。

先と同じく
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11
にアクセスして、メディアのイメージをダウンロードします。

windows10をアップデートする場合と異なり、デバイスドライバ(10用ので問題ないと思われる)を別途インストールする必要があるので、10からのアップデートに比べて、非常に手間がかかります。




Windows Updateでインストール

最も一般的な方法が、Windows Updateでのアップグレードです。

ただし、この方法だと、アップデートできるタイミングは自分では決められず、システム任せとなるため、いつかアップデート可能になるのを待つしかありません。

すぐにアップデートしたいとは思っていない場合は、これでいいと思います。




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2021 All Rights Reserved.