PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

チェックアプリでわかる、windows11に必要なスペック

更新日:

このタイミングでチェックアプリが復活


2021年10月5日からwindows11の無償アップデートが開始される見通しですが、その寸前と言える9月21日頃にチェックアプリが復活、再びダウンロードが可能となっています。

このアプリは、windows11に対応可能かどうかを調べるためのもので、6月のwindows11の発表と同時に公開されましたが、対応スペックの決定で紛糾したのか、すぐにダウンロードが休止され、ずっとそのままでした。

それが、この直前のタイミングで復活したのですから、windows11の必要スペックがようやく確定したということでしょう。

※windows11の「インストールアシスタント」は、このチェックアプリで判定を行わないと、windows11のインストールに進みません。

チェックアプリについては、こちらでご紹介しています。
関連記事:windows11が2021年10月にリリース!ハードウェアの必要条件をチェックする方法

チェックアプリの結果から分かる必要スペック



今回ダウンロードが再開された新しいチェックアプリでは、細かい判定条件が確認できるようになりました。

●セキュアブートをサポートしていること

UEFIによるセキュアブートは、10年ほど前のPCでも搭載されている技術なので、まず問題にはならないでしょう。

●TPM2.0が有効であること

これについては、windows11の発表があった当初から話題になっていましたが、現在の比較的新しいPCなら問題はないと思われます。

関連記事:Windows11に備える!TPMを有効化する方法(DELL製PC)

●CPUが1ギガヘルツ (GHz) 以上のクロック速度で、2コア以上の64ビット互換プロセッサであること

明記はされていませんが、Intel製CPUでいえば、第8世代以降が対象となるようです。
Pentium GoldやSilverも対象となっており、簡単に線引きはできないようです。
対応CPUについては、以下のリンク先の表で確認できます。

Microsoft公式:windows11のIntel製CPU対応表
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/design/minimum/supported/windows-11-supported-intel-processors

Microsoft公式:windows11のAMD製CPU対応表
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/design/minimum/supported/windows-11-supported-amd-processors

●少なくとも4ギガ以上のメモリがあること

現在市販されているPCの多くは、メモリ8ギガ搭載であることがほとんどなので、これも問題はないでしょう。

●システムディスクが64ギガ以上あること

最低64ギガとなってはいますが、こんな容量では、何度かのアップデートだけであっというまに空きが無くなってしまうでしょう。
どんなに少なくても256ギガは欲しいところです。

また、Microsoftから、ハードウェアのシステム要件が公開されています。

Microsoft公式:Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2021 All Rights Reserved.