PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

windows11・スタートボタンを中央揃えから左寄せに変更する方法

更新日:

windows11のスタートボタンは中央揃えに

Windows11の無償アップデートが、2021年10月5日から開始されるという発表がありました。

すでにいろいろな情報が出ており、現時点でも、評価版という扱いではありますが、「insider preview」でインストールして使ってみることも可能です。
関連記事:Windows11のプレビュービルドを使ってみたい!そのインストール方法

一番最初に目を引く変更点といえば、昔からずっと左寄せだったスタートボタンが、ピン留めされているアイコンとセットで中央揃えになったことではないでしょうか。

理由としては、超高解像度の大型モニタを使用する場合に、わざわざマウスを端までもっていく必要をなくするためという話がありますが、一般的なフルHD(横解像度1920)程度では、あまりメリットは感じません。

この中央揃えに馴染めないという方のために、設定で、windows10までと同じ左寄せにする方法が用意されています。

今回は、windows11で、スタートボタンを左寄せにする方法をご紹介します。

windows11で、スタートボタンを左寄せにする設定方法


タスクバーを右クリックすると、「タスクバーの設定」という小さなポップアップが出ますので、それを押します。


タスクバーの設定画面が開きますので、画面の一番下にある、「タスクバーの動作」を開きます。


その中にある、「タスクバーの配置」項目で、「左揃え」と「中央揃え」を選択できるので、ここを「左揃え」に設定して、画面を閉じればOKです。


すると、スタートボタンが左寄せに変わります。
慣れの問題なのかも知れませんが、とりあえずはこの方が落ち着きます。




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2021 All Rights Reserved.