PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

Windows10で、「スタートアップ」「送る」に項目を追加する方法

更新日:

windowsで割とよく使う操作に、

・windows起動時に、スケジューラやメールなどの任意のアプリケーションも自動で立ち上がるようにする

・ファイルを右クリック→「送る」で、任意のアプリケーションで開く

というのがあります。

これらは、特定の場所にショートカットを入れておくことで使用できます。

windoud起動時にアプリケーションを同時起動させる「スタートアップ」

「スタートアップ」にメールアプリなどのショートカットを入れておくだけで、パソコンの起動時にそれらも一緒に立ち上がるので、非常に便利です。


ショートカットを入れておく場所を開くには、「windowsキー+R」で開く「ファイル名を指定して実行」ボックスに、「shell:startup」と打ち込んでOKを押します。
 

すると、「スタートアップ」フォルダが開くので、そこに、起動時に一緒に立ち上げたいアプリのショートカットをコピーします。
 
これで、次に再起動したときから、そのアプリが一緒に起動するようになります。




右クリックメニューから任意のアプリケーションに「送る」

ファイルを、関連づけられている以外のアプリケーションで開くには、ファイルを右クリックし、現れるメニューから「送る」で任意のアプリケーションを指定しすることで行えます。


その送り先となるリストにアプリケーションを追加するには、「windowsキー+R」で開く「ファイル名を指定して実行」ボックスに、「shell:sendto」と打ち込んでOKを押します。
 

すると、「sendto」フォルダが開くので、そこに、送り込みたいアプリのショートカットをコピーします。
 

それにより、右クリック→「送る」に、その項目が追加されます。




-PCトラブル・tips
-,

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2020 All Rights Reserved.