PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

「●●●●にアクセスできません。~アカウントの制限により、このユーザーはサインインできません。空のパスワードが~などの理由が考えられます。」というエラーでネットワーク先に接続できない場合の対策

更新日:

エラーの原因は、受け側PCのアカウントにパスワードが設定されていないこと

ある時突然、

「●●●●にアクセスできません。このネットワーク リソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。
アカウントの制限により、このユーザーはサインインできません。空のパスワードが許可されていない、サインイン時間が制限されている、またはポリシーによる制限が適用されたなどの理由が考えられます。」

というメッセージが表示され、ネットワーク先につながらなくなることがあります。

この現象は、前日まで何ともなかったのに突然発生することがありますが、直接の原因は、アクセスされる側のPCのアカウントにパスワードが設定されていないことです。

そのため、アクセスされる側のPCのアカウントにパスワードを設定すると、このエラーは出なくなります。

しかし、パスワードを必要としない環境で使っていたPCに、意味不明なエラーのためにパスワードを設定しなければならないのは非常に不便です。

設定で回避する方法

このエラーが出る状態を、設定で回避することが可能です。

設定は、接続される側のPCに対して、以下の手順で行います。


「コントロールパネル」内にある、「管理ツール」を開きます。
 

「管理ツール」内の「ローカル セキュリティ ポリシー」を開きます。
 

その中にある、「ローカル ポリシー」>「セキュリティ オプション」を開きます。
 

「セキュリティ オプション」の中にある、「アカウント:ローカルアカウントの空のパスワードの使用をコンソールログオンのみに制限する」を開きます。
 

「アカウント:ローカルアカウントの空のパスワードの使用をコンソールログオンのみに制限する」を無効にします。
これで、このPCへの接続時に、先のエラーは出なくなります。




-PCトラブル・tips
-,

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2020 All Rights Reserved.