PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

wordpress・web

自分のサイトのテキストコピーや右クリックを禁止にできるプラグイン「WP Content Copy Protection」

更新日:

テキストを気軽にコピー&ペーストできるのは、パソコンの有用な機能の一つですが、サイトの、特に自分のサイトの文章を簡単にペーストされて使われるのは問題です。

googleはテキストのコピーに厳しく、記事の文章が他サイトのコピーであることを検知すると、そのサイトの検索順位を大きく下げてしまうと言われています。

コピーした相手の順位が下がるだけなら自業自得ですが、どちらが元か分からない場合、コピーの被害者である側のサイトが順位を大きく下げられてしまう可能性もあります。
(実際は、先にgoogleにインデックスされたほうがオリジナルだとみなされるようです)

今回は、サイトのテキストや画像をコピーから守るプラグインをご紹介します。

記事の盗用を防止できるプラグイン「WP Content Copy Protection」

サイトの文章のコピーを防ぐプラグイン「WP Content Copy Protection」を入れておくと、テキストや画像のコピー操作を無効にできるので、そういった被害が心配な方にとっては、非常に有効な対策となります。

プラグインの更新もつい最近されており、現状最新のwordpress 5.7.2への対応も明記されています。

ガード機能は優秀

有効にしてみた感じは、例えるなら、「サイトにガラスの板を貼ったような感じ」とでも言いましょうか。

デフォルトの設定では、テキストの上をドラッグしながら進んでもテキストに全く引っ掛かりがないので選択もできず、右クリックも当然できません。

文字通り、「触れることができなくなった」という感じです。


しつこくクリックやドラッグをするとアラートも出ますが、触る都度それに反応するというわけでもなく、時折思い出したように出る感じです。

メッセージも、初期値は英文ですが、設定で自由に変更できます。

この施策が裏目に出ることも・・・

ただし、いいことばかりと言い切れるわけでもありません。

例えば、記事を読んでいるときに、その過程で「この単語はどういう意味だろう?」と思って単語をコピーしてgoogleに貼り付けて検索しようとしたら、コピーをブロックしました、というようなアラートが出たらどうでしょう?

その正当性は理解できるものの、記事への興味を深めるための操作をもブロックしてしまうので、情報系のサイトでこれをやると、ユーザーに不便さと不快感を与えてしまう可能性があることは、十分認識しておく必要があります。

そういった意味で、サイトのジャンルによってやや向き不向きがあるプラグインでもあります。

「WP Content Copy Protection」のインストール

インストールは簡単です。

プラグインページの検索窓に「WP Content Copy Protection」と入れると出てきますので、「インストール」→「有効化」、これで適用されます。

有効化した後にページの再読み込みを行えば、もうテキストも画像もコピーできない状態となります。
 

「WP Content Copy Protection」の設定


メニュー項目に「Copy protection」が増えるので、それをクリックすると設定画面に入ります。
 

「メイン設定」タブ


・「javascriptによる投稿保護」
・「javascriptによるホームページ保護」
・「固定ページの保護」
このプラグインはjavascriptを使って保護機能を働かせているのでこういう表現ですが、要するに各種ページごとに有効・無効を設定します。
 
・「トップの管理バーにあるプラグインアイコン」
これを表示設定にしておくと、ダッシュボードの最上段に、緑色の錠前のアイコンが表示され、プラグインのページを確認しなくても、有効か無効かが一目でわかります。
 
・「選択無効のメッセージ」
保護されている画面をさわると出てくる、アラートの文字列を任意のものに変更できます。
 
・「印刷プレビューのメッセージ」
このプラグインは印刷に対しても保護を行っており、印刷すると、真っ白な画面に、ここで設定された文字列だけが表示されます。
 

「プレミアムな右クリック保護」タブ


右クリックをブロックできるかどうかの設定は、ここで行います。

ページタイプごとに、右クリックを許可するかどうか決めることが可能となっています。
 

「CSSによるプレミアム保護」


このプラグインはjavascriptを使っていますが、そのjavaが無効なPCでも、cssの働きを使って保護を行います。

ページ種類ごとに、そのON・OFFを設定します。




-wordpress・web
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2021 All Rights Reserved.