PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

wordpress・web

Search ConsoleのTXTレコードによる所有権の確認手順(ロリポップ)

更新日:

何等かの目的でサイトを運営しようと思うと、必ず必要になるのがgoogleのSearch Consoleへの登録です。

登録には、Search Consoleのサイトで取得できる「TXTレコード」を、レンタルサーバーに設定する必要があります。

ここでは、ロリポップ!での設定手順をご紹介します。

TXTレコードの取得


サーチコンソールにログインし、左上のプルダウンから「プロパティを追加」を選びます。


「プロパティタイプの選択」で「ドメイン」を選択し、登録したいドメインを入力します。
ここでは、「https://」は不要です(入れるとエラーになって進めません)。


上記のような画面で現れる「TXTレコード」をコピーします。

TXTレコードは、「google-site-verification」 で始まり、後ろに43文字が続く、計68文字で構成されています。

これは一度取得すると変わらないので、必ずテキストデータで保存しておきましょう。

TXTレコードを保存したら、今回は「後で確認」を押して抜けます(今「確認」を押してもTXTレコードをまだ貼っていないので、「確認できませんでした」と返されます)。




レンタルサーバー側での設定


ロリポップ!にログインし、ドメインを選択します。

そこで、DNSが「ムームーDNS」になっていることを確認してください。

ムームーDNSでないと、TXTレコードを張りつけることができません。

ダイアログの一番下にあるボタンで、ムームードメインのコントロールパネルにログインします。


ドメインの一覧から、先ほどTXTレコードを取得したものを選びます。


ドメイン詳細画面の右下にある、「セットアップ」ボタンを押します。


「サブドメイン」は空欄のままにしてください。
「種別」は「TXT」を選択します。
「内容」に、TXTレコードの文字列を貼り付けます。

設定したら、「セットアップ情報更新」を押します。

これで、TXTレコードの書き込みができました。

DNS 設定の更新がインターネット上に反映されるのは、早ければ数時間で済みますが、最長で24時間ほどかかることもあるようです。普通は一晩置けば大丈夫です。
 
 

TXTレコード書き込み結果の確認

最初と同じ手順でサーチコンソールにログインし、左上のプルダウンから、今回追加したものをを選びます。

TXTレコードの画面で、今回は「確認」を押します。
 

TXTレコードの設定が正常に更新できていれば、このような画面が表示されます。
 




-wordpress・web
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2020 All Rights Reserved.