PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

Macで、dockにアプリを追加・削除する方法

更新日:

Dockについて

Macの画面におけるDock

Dockは、Macで使いたいアプリを登録しておくランチャープログラムで、Windowsのタスクバーに似てなくもないですが、考え方が根元から違います。

Macには、Windowsのスタートボタン・スタートメニューに該当するものがないので(Launchpadが近い?)、Macでアプリを起動させるには、Dockに登録しておくのが一番確実で早いです。

Dockにアプリを追加する

「アプリケーション」からドラッグ

アプリウインドウからDockに直接登録できる

「アプリケーション」ウインドウからプログラムを直接ドラッグしてDockに放り込むと、Dockに登録されます。

わざわざエイリアスを先に作ったりする必要はありません。

「Launchpad」からドラッグ

Launchpadを開く
LaunchpadからDockに直接登録できる

Dockにある「Launchpad」ウインドウから直接ドラッグすることでも登録できます。

起動中のアプリを追加

起動中のアプリをDockに登録できる

アプリが起動している場合に限り、Dockの起動アプリを右クリック→「オプション」に、「Dockに追加」が現れます。

これを選択すると、他の方法と同様に、Dockに登録されます。

Dockに目的のアプリが登録された

Dockからアプリを削除する

ドラッグで削除

Dockから少し引っ張り出しても、削除にはならない

Dockからの削除は簡単で、Dockからつかんで引っ張り出すだけでOKです。

ただし、操作ミスの安全マージンのため、少し引っ張り出しただけでは削除になりません。

Dockから大きく引っ張り出すと削除できる

そこそこ離れると、アイコンの上に「削除」のフキダシが出るので、この状態で離すと、Dockからの削除となります。

右クリックメニューから削除

Dock上で右クリックから削除できる

Dockに登録されているアイコンを右クリック→「オプション」→「Dockから削除」で、Dockから削除できます。




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2022 All Rights Reserved.