PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

windows11が2021年末にもリリース?ハードウェアの互換性をチェックする方法

更新日:

6/24日に、Microsoftより、Windows10の後継となる新OS、「Windows11」が発表されました。

詳しいことは不明ですが、完全な別物となるわけではなく、Windows10から無償アップデート可能な、今までのバージョンアップの延長線上のような形態でリリースされるとのこと。

それに伴い、Windows10自体のサポートは2025年で終了するようです。

比較的新しいPCでないと、windows11には対応できない

Windows11を導入するためには、当然ながら、PC本体もある程度のスペック水準にあることが要求されます。

それらの詳細は、Microsoftの、Windows11専用ページに記載されています。

外部リンク・Windows11専用公式ページ

また、今回の対応で特筆される点として、「TPM 2.0」への対応を要件としていることが挙げられます。

TPM(Trusted Platform Module)というのは、ものすごく簡単に言うと、「暗号鍵を保存するための場所」であり、現状は1.2と2.0がありますが、TPM 1.2を持つPCでは、Windows11には対応できません。
 



Windows11の判定ツールを使ってチェックする

現在は「準備中」となっており、判定ツールのダウンロードはできなくなっています。(2021/7/11現在)

Microsoftから、Windows11に対応できるかどうかを判定するプログラムが提供されています。

これを使うと、使用しているPCが、Windows11に対応可能かどうかを事前に知ることができます(ただし、「不可」の判定だった場合に、不可の原因が何であったか、というような細かい情報は提供されません)。

この判定プログラムの使用方法は以下の通りです。


Windows11専用公式ページを下にスクロールしていくと、「リリースに向けて」という項目があるので、そこにある「アプリをダウンロード」をクリックします。
 

判定ツールのインストーラ(WindowsPCHealthCheckSetup.msi)をダウンロードします。
 

ダウンロードしたインストーラを実行します。
 

 


「完了」を押すと、判定ツールが起動します。

いったん閉じても、スタートメニューの一番上に登録されているので、そこから再度起動できます。
 

判定ツールが立ち上がったら、「今すぐチェック」を押します。
 

一瞬で結果が表示され、Windows11に対応可能なハードウェアかどうかが分かります。
 



セキュリティプロセッサ(TPM)のバージョンを確認する方法

もしも判定が不可であった場合、この判定プログラムでは、何が原因であったかを知ることはできません。

しかし、別の方法で、その有力候補であるTPMのバージョンを調べることは可能です。

その方法を2通りご紹介します。

「tpm.msc」で確認する

こちらの方法が、手間がかからず早く結果を見ることができます。


検索窓に「tpm.msc」と入力し、見つかったそのプログラムを実行します。
 

一番下に、TPMの仕様バージョンが表示されています。

「設定」から確認する

こちらは若干手間がかかりますが、「確認」から入って、セキュリティプロセッサの詳細を確認できます。


スタートボタン→「設定」(歯車マーク)を開いた中にある、「更新とセキュリティ」を選択します。
 

その画面の左ツリーから「windowsセキュリティ」を押し、その中にある「デバイスセキュリティ」を選択します。
 

その中にある「セキュリティプロセッサの詳細」を押します。
 

すると、その画面が開き、ここでもTPMの仕様バージョンが確認可能です。

まとめ

現時点では、まだどうなるか分からないwindows11ですが、すぐに移行するかどうかは別として、比較的新しいPCであれば、対応できるかどうかを調べておいて損はありません。

ただ、windows10の設定などによって、この判定ツールが動かないことがあります。

また、一定以上古いPCだと、この判定ツールのインストーラ自体が動かないこともあるようです。




-PCトラブル・tips
-,

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2021 All Rights Reserved.