PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

「組織のセキュリティポリシーに~この共有フォルダーにアクセスできません」というメッセージでネットワーク先に接続できないときの対処法

更新日:

まれに、「組織のセキュリティポリシーによって非認証のゲストアクセスがブロックされているため、この共有フォルダーにアクセスできません」というメッセージが出て、ネットワーク先に接続できない場合があります。

このような場合は、以下の設定を確認してください。




「ローカルグループポリシーエディター」の設定変更手順


「winキー+Rキー」で「ファイル名を指定して実行」の小窓を呼び出し、そこに「gpedit.msc」と入力しOKを押します。
 

そうすると、「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。
 

「コンピュータの構成」カテゴリにある「管理用テンプレート」の下の階層にある「ネットワーク」をダブルクリックします。
 

すると、左のツリーで「ネットワーク」が開くので、さらにその下の階層の「Lanmanワークステーション」を開きます。

「Lanmanワークステーション」の下階層に「安全でないゲストログオンを有効にする」のポリシー編集があるのでこれを開きます。
 

この設定は、さわったことがなければ「未構成」になっていると思います。
 

これを、「有効」にしてOKで抜け、PCを再起動すると、先のネットワーク先のサーバやPCにアクセスしても、エラーは出なくなります。




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2020 All Rights Reserved.