PCで困ったときの対処法を書き留めておく備忘録

SEPTEM-NOTES

PCトラブル・tips

officeの再インストール手順と、途中でつまづいた時の対処法

更新日:

microsoft officeは、以前はCDメディアで販売されており、インストールも簡単でした。

しかし最近は、microsoftアカウントでログインしてからダウンロード→インストールというのが標準となりました。

その分、ライセンスの管理が厳しくなり、インストールの途中で止められてしまうこともあるようです。

ここでは、officeの大まかなインストール手順と、引っかかるポイントについてご紹介します。

なお、Officeの再インストールには、microsoftアカウントが必要です。

お持ちでない場合は、
https://account.microsoft.com/account/privacy
このページから作成が可能です(後に出てくるOfficeのログインページからでも作れます)。

microsoft Officeのダウンロード手順

microsoftアカウントでログイン

まず、ブラウザで
https://setup.office.com/
にアクセスします。


この画面になったら、「サインイン」ボタンを押します。


サインイン画面で、ID(メールアドレス)とパスワードを順に入力します。


IDとパスワードが通っても、初回ログイン時は、登録されたフルネームの入力が必要となります。
 



アカウントが何らかの問題でロックされた時の対応

何等かの理由で、microsoftアカウントに問題がある場合、このような画面が表示されます。
しかし、この状態からでもインストールの続行は可能です。
メッセージを受信できる携帯電話があれば、そこに認証コードを送ってもらうことで、一時的にロックを解除することができます。

「電話番号を入力してください」という画面になるので、番号を入れます。
上に「国コード」の表示がありますが、電話番号は時に気にせず090~のように打ち込みます。


ここで、自身の携帯電話の電話番号を入力して送信すると、そこに、microsoftから、4桁の数字のアクセスコードが送られてきます。
ここに正しいアクセスコードを入力すると、アカウントのロックが解除されます。

1つの電話番号を、同じ日に、複数のロック解除の送り先に指定することはできません。
一度ロック解除の送り先に指定した電話番号を、同じ日に違うOfficeのロック解除にも使おうとすると、「電話番号のコードの送信数が上限に達しました」というようなエラーとなり、翌日になるまでロック解除ができなくなります。
普通はあまり起きないことですが、複数台を同時にセットアップするときなどには注意が必要です。




ログイン成功後の手順


ログインに成功すると、プロダクトキーを入力する画面に変わります。

製品版を購入したのであれば、何らかの形でofficeのプロダクトキーシリアルが書かれた紙をお持ちのはずです。

このシリアルが書かれた紙にもいろいろな種類があり、クレジットカードとほぼ同じ大きさの紙のカードだったり、厚紙を二つ折りにしたもので、開くとシリアルナンバーが書かれた部分がスクラッチになっているものなど、多種多様なタイプが存在します。
オンラインでの購入であれば、マイクロソフトアカウントとパスワードでインストールが可能です。
 

プロダクトキーを入れると、国籍や言語を選ぶ画面になりますので、日本語を選択して次へ進みます。
 


「今すぐダウンロード」を押すと、officeのインストールガイドプログラムのダウンロードが開始されます。
 



ダウンロードしたファイルでOfficeをインストール


ダウンロードが完了すると、このようなファイルが保存されているので、ダブルクリックで起動します。

なお、このファイルは、いろいろな情報を埋め込んだ、このパソコン専用のインストールプログラムなので、他のパソコンでは使用できません。
 

起動すると、office本体のプログラムのインストールが始まります。若干時間がかかります。
 

インストールが終了すると、このような画面が表示されます。
 

インストール完了後、プログラムの手順通り進めると、Officeアプリケーションがスタートメニューに追加されます。
 


オンラインでライセンス認証すれば完了です。




-PCトラブル・tips
-

Copyright© SEPTEM-NOTES , 2020 All Rights Reserved.